健幸の達人たち

宮副紘美 (みやぞえ ひろみ)

Tea 茶

プロフィール

15歳より茶道を学ぶ。
着付師の母からプロの着付を伝授される。
母校である学習院女子大学茶道教授助手を経て
2008年(平成20年)より「恋する茶会」主宰。
茶道表千家講師 茶名 宮副宗紘
http://koisuruchakai.com/

活動内容

日本文化のワクワクワンダーランドである茶の湯を楽しくわかりやすく伝えるために
自宅天空茶室を「1001庵」と名付け稽古を行うと共に
横倉クリニックや高校茶道部での指導も行っている。
2014年(平成26年)からは、「ママ&キッズクラス」を新設
さらに本物を学ぶ「座学」での講義も開始し、指導に力を注ぐ。
また、国内での茶事・茶会の主催はもとより、イタリアやオーストラリアでの茶会にも出向き
自己鍛錬ならびに海外から見た日本文化を実践に於いて学ぶ。

今後の活動としては、茶道の本質を見定め
その本質に対する講演活動や志ある異業種とのコラボレーションを充実させて
さらに多くの方々に茶の湯と日本文化の素晴らしさを広めるために力を入れていきたい。

達人から健幸へのメッセージ

茶の湯とは、誇り高く繊細な美学を持つ日本人の生き様そのものです。
季節を感じ、美しい物に愛を注ぐ。
その心を持って主客共に魂を通わせ、互いに磨きあっていくものです。
茶の湯を通し、世界中の方々が元気に、自分らしく、そして、幸せになりますように願ってやみません。